学際生命科学東京コンソーシアム - Tokyo Interdisciplinary Life Science Consortium

English

4大学合同FDセミナー開催

  学際生命科学東京コンソーシアムでは、連携しているお茶の水女子大学、北里大学、学習院大学と本学で共同のFDを行っております。昨今の研究環境においては、実験データのデジタル化に伴い、大量のデジタルデータを扱う機会が増えてきています。大学院生を研究指導していく上でも、その取り扱いや管理が重要であることから、今回、以下のFDを企画いたしました。知的財産、研究不正等との関わり合いをふまえて、デジタルデータの管理や電子実験ノートの利用などについてご講演いただきます。
 
  
fd6.png
 
 
日時 : 2012年11月28日(水) 15:00-17:00
 
場所 : お茶の水女子大学理学部2号館4階405室
 
プログラム:
講演1 「実験ノートに関わる知的財産等の法的問題」
     湯浅 長久 (お茶の水女子大学知的財産本部 特任准教授)
講演2 「電子実験ノート:機能と導入効果の紹介、並びに導入時に検討すべき課題 について」
     臺場 昭人(アクセルリス株式会社)  

問合せ先:
学際生命科学東京コンソーシアム 
影近 弘之
kage.chem(at)tmd.ac.jp